■シーラ
x1773
こう見えても主人公。某デイドラの導きでスカイリムに旅して来たところを、帝国軍による反乱軍掃討作戦に巻き込まれ処刑されかけた。
「ややおっとりとした、適度に社交的なお人好し」という性格が災いして、やたらと頼まれ事をされる。しかも断れない。スカイリムに来てから頼まれ事の難易度が急激に上がってきていることに困惑しているが、ベイリンとの出会いを通じて、おっぱい関係のお願いはスルーできるようになった。
「アルゴニアンの侍女」は未読。

 ■ベイリン
x1822
 もう一人の主人公。ある人物を探してスカイリムを旅しており、ホワイトランに滞在している時にシーラと出会った。
スカイリム随一の剣豪であり、 酒豪でもあり、困った人は見捨てることのできない快男児であるが、女性相手には色んな意味で紳士であり、色香には積極的に惑わされにいく。
「アルゴニアンの侍女」で読み書きを覚えた。

※ベイリンさんには『気ままに語るSKYRIMプレイ日記』 by HGM@Balin_TES様 から出張していただいています。最高のキャラをありがとうございます。


■エオルンド・グレイメーン
x2047
スカイリム最高と名高い刀剣職人。その刃はドラゴンの鱗も紙のように切り裂くと噂されるが、実際に試せた人はまだいない。たまに最低な防具を作る。
「アルゴニアンの侍女」は今も枕の下にある。